TOP > ピロリ菌外来

ピロリ菌外来

胃や上腹部の痛みを繰り返されている方には
ピロリ菌感染の疑いがあります。
胃や上腹部痛の主な原因の一つとしてピロリ菌感染による胃・十二指腸潰瘍があります。その場合、ピロリ菌除菌が根本的な治療であり、除菌を行わなければ多くの場合潰瘍を繰り返すことになります。まずはお気軽にご来院いただき、気になる症状など医師へご相談ください。
ピロリ菌による慢性胃炎がある方への除菌治療が保険適用になりました。
2013年2月22日より、ピロリ菌による慢性胃炎がある方への除菌治療が保険診療可能となりました。まずは胃カメラでピロリ菌による胃炎の有無を調べる必要があります。
胃カメラでピロリ菌による胃炎が疑われた場合は、採血・呼気検査等にてピロリ菌の有無を調べ、ピロリ菌が検出された方は医療保険で除菌治療を受けることができます。

ピロリ菌と胃・十二指腸潰瘍・胃がんの関係

ピロリ菌を除菌していない潰瘍の患者さんの約70%には潰瘍が再発しますが、ピロリ菌を除菌すると再発率は10%程度にまで下がります。
それまで潰瘍を繰り返していた患者さんがピロリ菌除菌後まったく潰瘍に悩まされることがなくなったということは、治療に関わる私達もよく経験することです。
胃癌についてはピロリ除菌により胃癌のリスクは1/3程度になると言われていますが、正確には除菌を行った年齢や胃炎の進行具合等によってそのリスクは違うものと思われます。
除菌の年齢が若いほど、また胃炎の進行具合が低いほど除菌による胃癌抑制の効果は高いでしょう。
重要なのは除菌に成功しても胃粘膜は長年にわたるピロリ菌による障害で傷んでおり、そこから癌ができてくる可能性が残っているということです。
また、除菌の際にはわからなかったごく早期の癌がその後大きくなる可能性も否定できません。除菌後も年に1回胃カメラを受けて、胃癌ができていないかどうかのチェックをすることがとても重要です。

ピロリ菌の検査にはどのようなものがありますか?

ピロリ菌がいるかどうかは尿素呼気試験、採血、尿、便や内視鏡で採取した
胃粘膜の検査などから判定することができます。
ピロリ菌の検査を医療保険で行うためには原則的にまずは胃カメラが必要となります。

ピロリ菌の除菌治療

2種類の抗生物質と胃酸を抑えるお薬を1週間のんでいただきます。
現在除菌の成功率は70〜80%程度で、成功率を上げるためにも薬を飲み忘れないこと、治療中はタバコや飲酒をやめることが重要です。除菌薬を飲み終わって約1〜2ヶ月後に尿素呼気試験でピロリ菌の残存の有無を調べます。ピロリ菌が消えていれば除菌は成功となり、治療は一旦終了となります。
ピロリ菌が残っていればお薬の種類を変えてもう一度保険で除菌治療をすることができます。お薬の内服が終了して約1〜2ヶ月後に再度尿素呼気試験を行いピロリ菌の有無につき検査を行います。2回目の治療の成功率は約90%です。
※除菌薬を内服する1週間は、禁酒・禁煙してください。
※抗生物質にアレルギーをお持ちの方は事前にご相談ください。
ピロリ菌の除菌治療の副作用について
  • ①下痢・軟便:便が緩くなることがあります。
  • ②味覚異常:食べ物の味が違って感じられることがあります。
  • ③肝機能の検査値の異常:採血するとAST(GOT)やALT(GPT)の値が上がることがあります。
これらの副作用による症状は軽い場合はお薬を続けてください。症状がひどくなる場合はご連絡ください。なお、まれにお薬が原因の出血性腸炎が出現する可能性があります。お薬内服中に発熱・腹痛を伴う下痢や血便などを認めた場合にはお薬を中止してご連絡ください。

主な検査

上部消化管内視鏡検査(鼻からの胃カメラ)
当院で採用している胃カメラ用の内視鏡は鼻からスムーズに挿入できる直径約5mmの細径内視鏡です。検査中の苦痛が少ないため、麻酔の必要はありません。

ピロリ菌
感染検査(呼気)
呼気でのピロリ菌の検査をおこなっています。

ピロリ菌
感染検査(血液・尿)
採血、尿、便でのピロリ菌の検査をおこなっています。

ピロリ菌外来のよくある質問

ピロリ菌に感染するとどのような症状が現れますか?
ピロリ菌に感染しただけではとくに症状は現れないことが多いのですが、ピロリ菌により慢性や急性の胃炎、潰瘍、癌などができた場合は、上腹部の違和感、痛み、出血を伴う場合には黒色便、吐血などの原因となることがあります。
ピロリ菌の治療は早いほうがいいの?
ピロリ菌による胃粘膜の障害は感染してからの時間が経過するほど進んできます。一旦胃炎になってしまうと元の健康な胃粘膜に戻ることはないので、できるだけ早く見つけて除菌を行うのがいいでしょう。
除菌してもまた感染してしまいそうで心配です。
ピロリ除菌後の再感染率は0.2-2%程度と決して高くはありませんが心配な方は相談してください。
※ピロリ菌は幼少期に感染した場合、持続的な感染となりますが、成人してピロリ菌に感染した方は一時的に胃炎になることはあっても、その後ピロリ菌が持続的に感染することは少ないとされています。
治療費はどのくらいかかりますか?
【自費】によるピロリ菌除菌治療料金
検査料(尿素呼気試験検査) 約5,000円
除菌薬(一次除菌薬/7日分) 約6,000円
除菌薬(二次除菌薬/7日分) 約5,000円

※上記費用のほかに、診察料がかかります。

【保険】によるピロリ菌除菌治療料金(3割負担の場合)
検査料(尿中ピロリ菌抗体検査) 約700円
検査料(尿素呼気試験検査) 約1,500円
除菌薬(一次除菌薬/7日分) 約2,000円
除菌薬(二次除菌薬/7日分) 約1,600円

※上記費用のほかに、診察料がかかります。